ラジドラ台本ワンライチャレンジby花屋敷 第42作目

おはこんばんにちは! 放送班・制作班・広報班所属文学部2回生の木村英です。

MERRY CHRISTMAS! 今年はイヴも当日も休日ですね。みなさんいかがお過ごしでしょうか。私は昨日、イヴは家族でパーティーをし、本日は推しグループのライブのオンライン配信を見ます。良い休日を過ごしております。

明日からは年末になりますね。1年間充実してて早かったなぁと思いながら、バイトに勤しみます。


さて。今週の「ラジドラ台本ワンライチャレンジby花屋敷」のお時間です。42!なんだかさらりとしてて、落ち着きが感じられます。以下はクリスマスバージョン。

このコラムは”花屋敷”というペンネームを使っている私、木村英が1時間でがんばってラジドラ台本書くぜ!というものです。より詳細な説明は第1作目で無駄に長く書いているので、気になる方はそちらを確認していただけると幸いです。

またいつもはチャレンジするにあたり、縛りをつけているのですが、今日はクリスマスだし、せっかくだし、しなくちゃいけないことがなぜかたまってて大変だし、なので、縛りは台詞だけにします。

お題ガチャ様『ひとこと台詞ガチャ』:ガチャ結果で出た台詞を途中で必ず使います。

ということで今回の縛りは「一個味見してみる?」です。クリスマスですし、どんな人も幸せになろう。以下に載せる台本は1時間で制作したものです。誤字脱字誤用等あるかもしれませんが、お許しを。よ~い、スタート!


人物設定(執筆後作成)

  • 美雪(みゆき):個人経営のケーキ屋の店長さん。クリスマスは仕事の日だったが、恋人ができてから仕事だけの日ではなくなった。
  • 八重(やえ):恋人にクリスマスを楽しんでほしい。もちろん自分と一緒に。
  • 客(きゃく):5人のお客さん。

美雪「いらっしゃいませ~!」
客「ケーキを予約してた花村です」
美雪「お受け取りですね、少々お待ちください。……あ、すみません、本日ご予約のお客様に花村様がお二人いらっしゃいませいて、下の名前を伺ってもよろしいですか?」
客「あ、景人です」
美雪「花村景人様ですね。……こちらの、贅沢クリスマスショートケーキの4号サイズですね、ご確認ください」
客「はい。……あ、ろうそく長いのありますか?」
美雪「お付けしております」
客「あぁよかったです。ありがとうございます」
美雪「はい! それでは、お支払いは済んでいますので……お帰りまでどのくらいお時間かかりますか?」
客「すぐ帰ります……あ、いや、どうしよっかな、……じゃあ大目に見て2時間くらいで」
美雪「かしこまりました。……それでは、どうぞ。メリークリスマス!」
客「はは、ありがとうござます」

美雪「いらっしゃいませ!」
客「あの、あんまり甘くないケーキありますか。……こんな日に申し訳ないんですけど」
美雪「甘さ控えめですか。そうですね……何人ぐらいで召し上がりますか?」
客「あ、……ごめんなさいね、一人なんです」
美雪「! いいですね!」
客「え?」
美雪「クリスマスは誰だって楽しむ権利ありますから! あ、もしかしてクリスマスだからっていう理由ではなく……?」
客「……ふふ、いえ、クリスマスだからです。友人……好きな人が、彼氏とクリスマスデートに良いディナーに行ってるらしくて。あの子は絶対そんなよりもっと安いものでゆったり楽しめる方が好きなんじゃないかなと思いつつ、口出しができない腹いせにお一人様でケーキを食らってやろうと思ったんです」
美雪「あ、そうなんですね、えっと……あっ! 甘さ控えめといえば! こちらのツリーモンブランがおすすめです! ピスタチオとアーモンドが使われているんです」
客「へぇ、いいですね。それじゃあそれをお願いします」
美雪「かしこまりました! お持ち帰りですか?」
客「イートインがあるんですか?」
美雪「はい。当店2階がお食事スペースとなっております」
客「そうなんですね。……いや、今日はまっすぐお家に帰ります」
美雪「かしこまりました。それでは……ツリーモンブランお一つで、460円になります。……ちょうど頂きますね。こちらレシートと、商品になります。……その、メリークリスマス」
客「ふふっ、変な話をしてしまってごめんなさい。悲しくて食べるわけじゃないので安心してください。ありがとう」

美雪「いらっしゃいませ!」
客「すみません! クリスマス用のホールケーキって予約なしでも買えますか!」
美雪「買えますよ」
客「はぁ~よかったぁ~! 予約するのつい忘れちゃってて、しおり……奥さんがなくてもいいよって言ってくれたんですけど、やっぱちょっとさみしそうだったから、ちゃんとしたの買いたくて! えっと……あ、ここらへんのですか?」
美雪「はい! こちらのチョコケーキからチーズケーキまでがクリスマス限定ケーキになります」
客「あ、チョコもあるんですね。この上に乗ってる雪だるまかわいい。これにします!」
美雪「ふふ、即決ですね。それではこちらの、プレミアムチョコ生ケーキですね。サイズはいかがいたしましょうか」
客「いちばんちっちゃいの! ……から2番目で!」
美雪「いちばん小さいのから2番目……5号サイズですね。こちら召し上がる人数の目安が4から6人ですが構いませんか?」
客「はい! 残して明日も食べます」
美雪「かしこまりました。ろうそくはお付けしますか?」
客「はい、お願いします!」
美雪「それでは、代金は4300円になります」
客「はーい、ちょうどじゃなくてごめんなさい」
美雪「5000円お預かりします。……こちら700円のお釣りと、レシートです」
客「ありがと~」
美雪「お持ち帰りにはどのくらいお時間かかりますか?」
客「すぐ帰ります!」
美雪「かしこまりました。……はい、それではこちら商品になります。メリークリスマス」
客「ありがとう! あなたも、メリークリスマス!」

美雪「いらっしゃ」
客「おう、予約してた明山だ」
客「ちょっと、店員さんの話遮るのやめてください。あなたの悪いクセですよ」
客「は? すまん……」
美雪「い、いえ! ご予約の明山様ですね、確認いたします」
客「吾朗さん、もう少しその横柄な態度どうにかなりませんか。ただでさえ顔怖いんですから」
客「……わるかったよ。気をつけるから」
客「私が対応しましょうか?」
客「……いやいい、俺がやる」
美雪「お待たせいたしました。ご予約の商品は、スフレチーズケーキでございますね。ご確認お願いします」
客「おう、痛っおいお前……はい」
美雪「それではお支払いは済んでおりますので……お持ち帰りにはどのくらいお時間かかりますか?」
客「あー……何分かかったっけな、まぁ1時間以内だ……です」
美雪「かしこまりました! それではこちら商品になります。メリークリスマス!」
客「ありがとな」
客「ぶっきらぼうでごめんなさいね、ありがとう」

美雪「いらっしゃいませ! ……って、八重か」
八重「よっ。売れ残ってるケーキあるか?」
美雪「生憎当店地域の皆様のご愛顧により、クリスマスケーキは全商品売り切れております。こんな閉店間際にあるわけがないでしょう」
八重「そりゃ素晴らしいことで。ちなみに美雪のおすすめはなんだったんだ?」
美雪「……クリスマス雪だるまケーキ」
八重「へぇ、かわいい名前だな。じゃあそれを2つ」
美雪「……売り切れております」
八重「店頭にはな。……ふっ、お前、去年も一昨年も同じくだりやってるけど、もしかして嫌なの?」
美雪「なんか……嫌。その、わかってますよ風が」
八重「ふはっ、出したいからなぁ。クリスマスイヴ、本番と頑張ってる恋人に、わかってますよ風、出しちゃダメ?」
美雪「……お会計、1080円」
八重「うん。あ、チョコプレートってつけられる?」
美雪「……なんて書くんです?」
八重「大好きだよマイハニー」
美雪「申し訳ございませんが、チョコプレートはお付けすることができません」
八重「冗談冗談、クリスマスのやつ付けてくれよ、ひとつでいいから」
美雪「……かしこまりました。お持ちしますのでしばらくお待ちくださいませ」
八重「は~い。……お、お帰り」
美雪「今年は、持ち帰るの? 食べていくの?」
八重「ん、どうする? 一個味見してみる?
美雪「……味見すると全部食べたくなるから、お持ち帰り」
八重「ん。じゃあ持ち帰りで。美雪いつ帰れるんだっけ、店閉めるまで待つよ」
美雪「掃除とかあるから……先に帰ってていいよ?」
八重「実は家の準備もう万端だからすることなくて暇なんだよね。この時間になるまで店の前で美雪のこと見てたよ」
美雪「は? こわ」
八重「かわい~笑顔ふりまいてんな~とか思いながら見てた」
美雪「ストーカーじゃん……」
八重「彼氏だよ」
美雪「……じゃあ、2階で待ってて。お店閉める作業するから」
八重「照れるとすぐほっぺ赤くなるのかわい。……っと、はい手を出さない。なんか手伝えることあったら呼べよ」
美雪「……ありがと。……急ぐから、待ってて」
八重「もちろん」


まぁチャレンジ成功でしょう!

ラジオドラマでするとしたら難しい台本にはなってしまいました。こういうのは演じるのより書くのが楽しいやつですね。

クリスマスは恋人たちのものって言いたそうな構成ではありますが、まったくそんなことはないです。ただ、どう過ごしてもいいから、こうなんとなく、クリスマスだな~ってちょっとでも意識できるといいなぁって個人的には思います。街はキラキラしてるんだし。

ちなみに参考資料は不二家さんです。不二家のショートケーキを私のお家でもいただきました。生クリームが苦手なんですけど、ギリギリ食べられる絶妙な甘さ加減と、おっきないちごがとてもおいしかったです🍰

あと私ケーキ屋さんでおバイトしたことないし、最近は店頭にも行っていないので、その……お客さん対応は薄めで読んでください。

それでは本日はこのへんで。もしこういう話を読んでみたいとか、もう少し説明してとか、いろいろお話したいこと、聞きたいことがありましたら、コメント欄に書いてくださったらうれしいです!

来週はお正月ですのでお休みします!皆様、よいお年を。


バックナンバーはこちら → 第1作目 / 第2作目 / 第3作目 / 第4作目 / 第5作目 / 第6作目 / 第7作目 / 第8作目 / 第9作目 / 第10作目 / 第11作目 / 第12作目 / 第13作目 / 第14作目 / 第15作目 / 第16作目 / 第17作目 / 第18作目 / 第19作目 / 第20作目 / 番外編 / 第21作目 / 第22作目 / 第23作目 / 第24作目 / 第25作目 / 第26作目 / 第27作目 / 第28作目 / 第29作目 / 第30作目 / 第31作目 / 第32作目 / 第33作目 / 第34作目 / 舞台編 / 番外編2 / 第35作目 / 第36作目 / 第37作目 / 第38作目 / 第39作目 / 第40作目 / 第41作目


NEXT →