【活動紹介】越智の1年間⑥ ~クリコンと試行運転~

みなさん、大変ご無沙汰しております。放送班・制作班etc.に所属しております、おちです。

書ききったつもりのこのシリーズですが、まさかの未完成でした。
もう最終回まで書き終わったし、めでたしめでたし~と、勝手に思い込んでいました。
去年のクリコンが12月にあったので、どんな感じだったっけな~とふと思い起こしていたら、活動紹介シリーズのことを思い出しまして、めちゃくちゃ焦りました。
もう前回の更新から半年以上経つのでは…?という時期になってしまいましたね。
今年の新歓ができない代わりに、新入生向けに残しておこうかな~くらいのつもりで書き始めたものだったのですが、今やたくさんの新入部員が入ってくださって、嬉しい限りです。
新歓の時期はとっくに過ぎてしまいましたが、残しておいて損はないと思うので、最終回を書きます。

というわけで、今回は⑴クリコン、⑵1~3月の試行運転について、お話しします!


⑴クリコン:寂しいお別れ・ドキドキの役員交代・盛り上がったコスプレ企画

クリコンは、先輩方の引退式と、役員交代式を兼ねたイベントで、クリスマス頃に行われることから、クリコンと呼ばれています。
例年、コスプレをして参加するという、暗黙の(?)ルールがあったそうですが、昨年からは、任意となりました。
そういうわけで昨年は、コスプレをして参加した方のエントリーを募り、コスプレ大賞(?)なるものを決めるという、プチイベントもありました。
それから、他にも賞を決めるプチイベントがあります。まるたんぼう新人賞・まるたんぼう大賞です。
まるたんぼうってなんですか?という疑問が浮かぶと思います。
まるたんぼうとは、クリコンに向けて、新入生・制作班員・有志の部員が、小説・日記・エッセイ・楽譜など、文章であればなんでもアリの作品を書いて、寄せ集めた冊子です(楽譜って文章なんですか?と思ったそこのアナタ。同感ですが、ツッコまないでおきましょう(笑))。

私は、高校生の頃にハロウィンのコスプレで使った、黒猫のコスプレを再利用しました。
OB・OGの方々も、ご都合の合う方は参加してくださるのですが、その中にもとてもユニークなコスプレをされている方がいて、面白かったです。
コスプレをするのは気が進まないけど、見ていると楽しい!という方も多くて、コスプレ企画はかなり盛り上がっていました。
まるたんぼうも、趣味について熱く語ったお話や、活動の振り返りなど、多様なラインナップで、とても読み応えがありました。
そういった余興ももちろん面白かったですが、何より、先輩方の最後のスピーチが、とても感動的でした。
私のようなポンコツ(周りのみんなは優等生でしたが(笑))を育ててくださる中で、ご苦労も多かったかと想像しながら拝聴すると、ちょっとウルっとしました。とはいえ、それだけで終わる先輩方ではなく、しっかり笑いも取っていくあたりが、さすがだなぁと思いました。
そして、新役員のスピーチでは、現3回生の先輩だけでなく、私と同学年の方も役員に就任されていたのですが、自分と同じ学年とは思えぬ落ち着いたスピーチで、すごいな~と思いました。すごいな~~~~~以外の感想が出てこない時点で、私は本当にポンコツだなぁと思いながら、お聞きしていた記憶もあります(汗)。


⑵1~3月の試行運転:新年度を迎える心の準備ができた

新役員が決まって、試験的にOHBの体制を変更・運用したのが、1~3月の期間です。
具体的には、放送課・制作課・技術課の3課で構成されていたところが、アナウンス朗読課・番組制作課の2課となり、番組制作課は放送班・制作班・技術班・映像制作班の4班に分かれ、広報活動を行う広報班も組織されました。広報班の活動の一環として、今までにはなかったInstagramのアカウントができました。
また、組織の構成が変わっただけでなく、以前公開されていた「きんちゃいOHB」というラジオ番組が終了し、新たに個別番組が始まりました。個別番組は、制作班の中でメンバーを募り、2つの番組が誕生しました。

かなり大きく変わったので、はじめのうちは戸惑いもあるかと思いましたが、新役員の方々のリードのおかげで、なんとか3ヶ月を乗り切ることができました。そして、組織改編が維持されることとなり、現在に至ります。
とはいえ、今年は新型コロナウイルス感染症の影響を大きく受け、当初の予定通りにいかなかった部分もあるのかもしれません。
しかし、その影響を思わせない臨機応変な対応が見られ、OHBが自律的に動いている姿を、以前より如実に感じ取ることができました。
なかなか顔を合わせることができなかったので、組織改編の目的が達成されたのかどうかを計るのは、難しいと思います。
ただ、この3ヶ月間で、自分がOHBの一員なんだという自覚は強くなりましたし、新年度を迎える心構えができたと思います。その意味でも、大変有意義な時間でした。


いかがでしたか?なんだか、太古の昔の話をしているような気分になりました。
今年は本当に波乱万丈だったので、いつもの倍くらいの経験をしたような錯覚に、陥ってしまったのかもしれません(笑)。
さて、最後の発表ですが、私が思うOHBの好きなところは、

その一、 盛り上げ力が高いところ
その二、 イレギュラーに負けない辛抱強さ

それでは、長い間お付き合いいただきありがとうございました。
またいつか、どこかで、お会いしましょう。


関連記事
六月祭の話 映像編
2019年12月25日
ブログ 活動日記
comecomeOHB2月号 願うのは…。
2020年2月16日
comecomeOHB ラジオ番組

番組の感想などはこちらから.