5月16日(土)の[臨時 質問回答]と”鉄分”補給 -baggage 160-

こんばんは。
広報の秋山です。

緊急事態宣言が一部解除されました。
気軽に外出ができる日はそう遠くないのかもしれません。
今はもう少し自粛していきたいなと思います。

先日、部活について質問があったので回答します。

先に予備知識。
OHBには、
アナウンス・朗読課、放送班の「しゃべる人達(放送)」。
制作班の「作る人達(制作)」、
技術班の「編集する人達(技術)」、
広報班の「広める人達(広報)」があります。
それぞれでゼミを開きます。(たまに合同ゼミもします。)
二つ以上の班や課に所属することを兼課(兼班)と言います。
部署名はともかく、
4つの分野があるのを知った上で質問回答をご覧ください。

Q1:兼課できると言ってるがキツいのでは?
A1:キツくないですよ。
秋山は技術と広報を兼ねてます。
部員には、放送の二つともに所属する人、
放送と技術と広報を兼ねる人、
放送と制作と技術と広報を兼ねる人など様々です。
ちなみに、ゼミが重複した場合は各々の好きな方に行っていますね。
放送部と一つに言ってもいろいろやっているので
多様な視点・観点を体験していただければなと思います。

皆様からのOHBについての質問を
記事の下にあるコメント(匿名可)で受け付けています。
回答をブログ記事のネタにさせていただいてます。
「これについて説明して!」や「このイベントどうだった?」など何でも構いません!!
今回は以前よりもコメント欄が下なのでご注意を。
(原因は、この先の付録?本編です。)

さて、本日の”鉄分”補給は、

「baggage 160」について。
長期旅行などで大きな荷物を持って新幹線移動する方はご注意を。

NHKのクイズ番組になっていないクイズ番組こと、
出演者が暴走してカメラの画を気にしない番組「鉄オタ選手権」や

子供向け朝のアニメ枠にしてはチョイスのターゲットが高めかつ
ハイレベルな鉄道例えでお馴染みアニメ「シンカリオン」で
車掌役をちゃっかり?演じた、

日テレ「笑神様は突然に・・・」の鉄道BIG4兼スタッフ?の礼二さん
でお馴染みの中川家のコンビでのCMが流れています。
(説明長すぎ。)

まず、こちらのCMについて三言ほど。

配役が素晴らしい。
本当に素晴らしい。

興味のある方はどうにかしてチェックしてみてください。

※ここから先は、一部不正確な情報が入ります。
詳しくはJR東海・西日本・九州のHP又は「baggage 160」で検索を。
修正すべき箇所がございましたら
コメント(匿名可)でお知らせください。
(始まってないし、利用したことないのですみません。)

5月20日より、東海道・山陽・九州新幹線において、
3辺の合計が160cm超250cm以内の荷物(特大荷物)を車内に持ち込む際、
「特大荷物スペース」とセットで発売する座席の予約が必要になります。
航空会社によりますが、国際線便で有料預入となるサイズです。

(個人的目安は、
中学校・高校の修学旅行時に見かける
小柄な人間が入りきりそうなサイズのスーツケースは特大荷物。
疲れた時でも持ち上げて荷物棚に入れようかな
と思えるサイズのスーツケースは手荷物。)

この特大荷物スペース付き座席(専用座席)を予約して利用する分には、
特別な追加料金は発生しませんが、
予約なしで利用すると税込1000円の追加料金が発生します。
つまりは、事前予約して利用してくださいということ。

専用座席は、
一部を除く列車の一部の指定席号車・グリーン車に設置されます。
自由席には設置されないので、
特大荷物を無料で持ち込むには予約が必要になるということになると思います。
(よく分かっていない。違ってたらごめん。)

※新幹線の座席ランク
「普通車自由席<普通車指定席<グリーン車指定席<グリーン車グランクラス」

この専用座席は荷物スペースの進行方向直前の座席
上り東京方面行きだと各号車1番A-E席、
下り鹿児島中央方面行きだと
各号車の最も進行方向の後方に位置する座席A-E席です。
(番号は各号車・列車によって異なる。)

一応、上り下りの説明を書いてピンとこない人のために、
のぞみOO号・みずほOO号・ひかりOO号・さくらOO号・こだまOO号の数字が、
奇数なら下り鹿児島中央方面行き、
偶数なら上り東京方面行きです。
(もっと分かりにくいか?)

緊急事態宣言が全面解除後の新幹線の車内は様子が変わっているのかもしれませんね。
今回はこのあたりで。
鉄道に関するテーマも募集しています。


関連記事
ComeComeOHB1月号  成人
2020年1月25日
comecomeOHB ラジオ番組
comecome7月号 言い訳が足りない………
2019年7月30日
comecomeOHB ラジオ番組

番組の感想などはこちらから.